スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ネムネム 

この記事はブロとものみ閲覧できます
[ 2016/09/30 21:53 ] シェリとの日常 | トラックバック(-) | コメント(-)

【備忘録】飼い主の入院生活 検査編⑥ 

この記事は数年前に検査入院したことを綴っています。
今とは検査方法など異なることがあるかもしれませんが、
興味のある方はご覧ください




経食道心エコー検査・・・
まさかの、のび太先生の登場に嫌な予感しかしなく
この検査もきっと苦しむと確信してしまいました。。。

最初に喉にドロッとした麻酔をするんですが、
それをね、のび太は喉ではなく、舌につけたもんだから、
私、必死で喉の奥に麻酔を付けようと上を向いていました。

その次にスプレーの麻酔もするんだけど、
1度に3回づつ、6回ほど繰り返すんです。
これがまた、むせるし、ウェってなって苦しい。
唾を飲み込んじゃだめだから、ティッシュに出すんですけど、
苦しすぎて涙やら鼻水やらも出てきました。。。

麻酔が終わったら診察台に横になって、カメラを飲むのですが、
のび太が下手なのか、私と息が合わないのか・・・
何回もカメラを入れたり出したりして、ものすごく苦しい。
5.6回は無駄な出し入れして苦しみました。

カメラ入れて入って行かないから出す・・・
息つく間もなく、すぐにまた入れようとするから
思うように息が出来なくて、酸素不足で死ぬかと思いました。
最後にカメラを入れようとした時、苦しすぎて手で口を押え拒否しました。
のび太は患者が見えていないんじゃないか。
それか私をただのモノとして見えてるのかもしれないとも思いました。

結局のび太では上手く入れられないし、
私も苦しくて拒否したので、見かねた専門の先生がやってくれました。
そしたらね、1回ですんなり入ったんですけど!!(*`・з・´)

こんなに無駄に苦しむ必要あるのかな。。。
練習台にされてるんだろうなと思いました。
内科の先生なんだから、この検査を自分で行う必要性が私にはわからなかったのです。。。
なのでかなりムカムカしていましたが、
言葉を発することが出来ないので、じっと耐えていました。


続きます・・・



読んでいただきありがとうございます
訪問やコメントいただいた方、後ほどブログに遊びに行かせてくださいね
記事読んでポチポチして帰ります

にほんブログ村 病気ブログ 先天性心疾患へ
にほんブログ村
[ 2016/09/29 21:30 ] 入院生活・病気の備忘録 | トラックバック(-) | コメント(-)

香ばしすぎる 

この記事はブロとものみ閲覧できます
[ 2016/09/28 21:35 ] シェリとの日常 | トラックバック(-) | コメント(-)

【備忘録】飼い主の入院生活 検査編⑤ 

この記事は数年前に検査入院したことを綴っています。
今とは検査方法など異なることがあるかもしれませんが、
興味のある方はご覧ください




カテーテル検査の翌日、
熱が出てしまい、だるくてずっと横になっていました。
あれだけ激痛を感じると熱が出るんですね。。。

外科の先生が診に来てくれて
「昨日は大変だったね」と言ってました。
先生・・・分かっていたなら早くなんとかして欲しかったよ(´・_・`)

とりあえず大きい検査が一つ終わり、
今日と明日は安静に過ごすことになりました。

昨日から抗生剤の点滴の針が腕に入っていて、
もう取ってもいいんじゃないかと思っていたけれど、
熱があるから様子みてるのかと黙っていました。

次の日、熱が下がったので、
のび太先生に「この針、いつ抜くんですか?」と聞いたら
あっさり「あっもう必要ないか。抜いてもらうように言っておくね」と言われて、
看護師さんが抜いていきました。

・・・それから少しして、
のび太「ごめんごめん。やっぱりまだ抜かない方がよかったみたいだから、もう1回針入れさせて」と(T_T)
なんかとてもイライラ。
適当な事言うから、また負担が増えたじゃないか!!
のび太のせいでストレスを感じます。
だって痛いのは私だもの。
表には出さないけど、のび太に対する不信感が増幅してました。

同室の方も「いやー可哀想にねぇ」「あの先生わかってないんだわ」とか
いろいろと言ってなぐさめてくれていました。
みなさん良い方ばかりで、よく面倒をみてくれました。

この日はホルター心電図の検査だけで終了。

次の日、とうとう経食道心エコー検査の日です。
この検査も16時からと遅めの時間に始まります。

これが終わったら帰れる。
苦しい時はわんこ達を想い浮かべて頑張ろうと思いました。

検査室についたら、5人くらいの先生がいて
その中にのび太先生もいました。。。
なんだかすんごく不安な気持ちになり、不整脈連発。

まさかね、この検査は専門の方がやってくれるよね・・・と思っていたら
「じゃあ麻酔かけていくね」ってのび太が。゚(゚´Д`゚)゚。

私「えっ?先生やるの?」と思わず口に出していました。。。
のび「うん」

嫌な予感しかしない(*`^´)=3


続きます・・・





読んでいただきありがとうございます
訪問やコメントいただいた方、後ほどブログに遊びに行かせてくださいね
記事読んでポチポチして帰ります

にほんブログ村 病気ブログ 先天性心疾患へ
にほんブログ村
[ 2016/09/27 21:20 ] 入院生活・病気の備忘録 | トラックバック(-) | コメント(-)

楽しそうね 

この記事はブロとものみ閲覧できます
[ 2016/09/26 21:31 ] シェリとの日常 | トラックバック(-) | コメント(-)

【備忘録】飼い主の入院生活 検査編④ 

この記事は数年前に検査入院したことを綴っています。
今とは検査方法など異なることがあるかもしれませんが、
興味のある方はご覧ください


カテーテル検査・・・
麻酔を2ヶ所にされ、とにかくその麻酔を打たれたという痛みが強い。
私の入院中の担当医が、麻酔を打ってくれていました。

私ね勝手にこの担当医にあだ名をつけて「のび太先生」と呼んでいたんです(笑)
もちろん心の中でですけどね(-∀-)
眼鏡をかけていて、髪型がのび太みたいだったので…(笑)

まだ病院に何年もいない感じの若い先生だったのですが、
まさか検査も自分でやろうとしている事にびっくり。
のび太先生、恐ろしいです。

もうね、麻酔を2ヶ所打たれた時点で痛くて半泣きなのに、
ここからが始まりという辛さ( ノД`)
しかも、のび太(呼び捨て・・・笑)が検査もやるのかΣ(ω |||)
嫌な予感しかしないです。。。
当時一緒に暮らしていた、わんこ達のことを想い浮かべ
痛みと向き合わないようにしていましたが
あまりの痛みと不安で不整脈がでまくりました。

まずは足の付け根から、カテーテルを入れて検査していくみたいです。
麻酔入れたけど、全然効いてない感じがするんですけど・・・

ずーっと痛みが続いている中、のび太がカテーテルを入れて行きます。
・・・イタイ・・・イタイ!!
動脈にカテーテルを入れていくのですが、うまく入っていかないのか、
何回もグリグリグリグリされて、痛みが酷い。
耐えきれず涙が勝手にポロポロ出ます(´;ω;`)
激痛に耐えてるからか、心臓の脈も早くなって苦しいし。

その状態が1時間位続き・・・
やっと他の先生が代わってくれました。
私すごい表情してたと思う。。。
結局1時間半かけて足からのカテーテル検査は終了。

次に手首からカテーテルを入れて行くそうです。。。
とにかく痛くて痛くて、のび太の打った麻酔は全然効きませんでした。
手首から入れるのも痛かったけど、足からに比べればまだ楽でした。
苦手な造影剤も使っていたから、本当にしんどかった。

検査は1時間程度で終わる予定だったのに
気づけば2時間もかかっていました。
内科と外科で診たい場所がそれぞれあったらしいです。
私はいつも外科の先生にカテーテル検査をやってもらっていたからか
慣れている先生ばかりでした。
それでも痛いと思うのに、不慣れな先生がやるとこんなにも痛いんだと実感。

外科の先生の時は、「大丈夫?」とか適度に声をかけて
安心させてくれていたんですが、
のび太は自分が上手く検査をすることに精一杯で
一切患者を見ないというスタイルでした。
周りにいる先生方が私の方を気にしてくれ
「大丈夫だよー」「ちゃんとカテ入って見えてるからね」と
声をかけてくれていました。
看護師さんは涙を拭いてくれたり声をかけてくれたりと
いつも有難い存在でとても感謝しました。

今までで一番痛いカテーテル検査。
怖かった。


検査が終了したら、外科の担当の先生もいて
手を上げたままの恰好だったので、「もう下げていいよ」と
手を下げてくれました(2時間も手をあげていたら辛いです)
「少ししんどかった?」と聞かれ、今度は検査が終わったことと
頼りがいのある先生がいて、ホッとして泣きました。
こんなに苦しい思いをしたんだから、のび太先生にはカテーテル検査上手になって欲しい。

私は二度とやってもらいたくないと思いましたけども。。。

自分のベッドに戻ってきたら、もう消灯の時間になっていました。
晩ご飯は残しておいてくれたみたいですが、
全く食べることができないくらい弱っていて
そのままぐったりと眠りにつきました。。。


続きます・・・



読んでいただきありがとうございます
訪問やコメントいただいた方、後ほどブログに遊びに行かせてくださいね
記事読んでポチポチして帰ります

にほんブログ村 病気ブログ 先天性心疾患へ
にほんブログ村
[ 2016/09/25 21:32 ] 入院生活・病気の備忘録 | トラックバック(-) | コメント(-)

SALEで購入 

この記事はブロとものみ閲覧できます
[ 2016/09/24 22:03 ] シェリとの日常 | トラックバック(-) | コメント(-)

【備忘録】飼い主の入院生活 検査編③ 

この記事は数年前に検査入院したことを綴っています。
今とは検査方法など異なることがあるかもしれませんが、
興味のある方はご覧ください





そもそも私が検査入院した理由は、
通院時に受けた心エコー検査で、
・心室中核欠損
・肺高血圧症
・大動脈弁が硬くなっている

の3つの症状があったためなのです。
心室中核欠損については、2歳の時に塞ぎましたが
年齢とともにパッチのサイズが合わなくなっていて、
欠損も大きくなっており、再度塞ぐ必要があるとのことでした。
この症状が原因で肺に血液が行き過ぎて、
肺高血圧症になっているとのこと。

大動脈弁の硬化については生体弁を入れていたので、
弁の寿命がきてしまい交換が必要でした。
手術回数も次で3回目だし、この先何十年か生きると想定すると
機械弁しか選択肢はなかったです。

生体弁は大体15年ほどもつと言われていますが、
私はそれよりも早く8年くらいで寿命がきましたね。。。
この手術を受ける方って中高齢者の方の割合が多いので、
その方達を対象にした耐久年数なんだと思います。
私は19歳で生体弁を入れたので、
若い分体を動かすことも多く、弁の消耗も早まったと先生から聞きました。

説明が長くなってしまいました。

検査入院3日目
今日はカテーテル検査を行う日です。
検査は18時からと遅い時間から始まります。
朝ご飯あまり食べれなかったので、
お腹が空くかなと思いましたが、そうでもなかった。
たぶんカテーテル検査のことで頭がいっぱいだったのでしょう。

17時30分に検査室に入りました。
中にはたくさんの先生と看護師さん達がいて、
何をされるのか怖かったです(カテーテルですね・・・笑)
前に検査をした時は、こんなに先生方がいなかったのに。。。
どうやら内科と心臓外科の先生達が入っていました。

まずは麻酔をしていきます。
足の付け根と手首の2ヶ所に・・・
この時点で痛くて痛くて半泣き状態でした。。。

続きます・・・




長々と読んでいただきありがとうございます
訪問やコメントいただいた方、後ほどブログに遊びに行かせてくださいね
記事読んでポチポチして帰ります

にほんブログ村 病気ブログ 先天性心疾患へ
にほんブログ村
[ 2016/09/23 19:00 ] 入院生活・病気の備忘録 | トラックバック(-) | コメント(-)

ここが好き 

この記事はブロとものみ閲覧できます
[ 2016/09/22 21:43 ] シェリとの日常 | トラックバック(-) | コメント(-)

【備忘録】飼い主の入院生活 検査編② 

この記事は数年前に検査入院したことを綴っています。
今とは検査方法など異なることがあるかもしれませんが、
興味のある方はご覧ください



検査入院2日目
とても暇ですが、同室の方々がいい人ばかりで
楽しいお部屋でした。

心電図、レントゲン、エコーの検査も終わり、
次は造影剤を使ったCT検査をすることになりました。

造影剤使うと具合悪くなりませんか?
全身が熱くて熱くて、締め付けられるような感じ。。。
検査の後半になると「息を止めて」と何度も言われ、
身体に造影剤がまわって不快感でいっぱいの中、
息止めが長くてぐったりしました(;д;)
少し身体にきつい検査でした。

小さい頃からいろいろな検査を経験していますが、
痛いとか苦しいということがわかっている検査を受けるときは、尋常じゃないほど怖いです。
何も知らないで受ける方が精神的に楽だなと感じます。。。

病気の事は父に愚痴をこぼす事が多かったですが、
いつも「強くなりなさい」と言われていました。

でも大人になっても怖いものは怖いのです。。。


入院してるとどうしても他の方のイビキや寝言が気になって
寝れません(っω・`。)
睡眠が取れないと、心臓の負担も増え、
カテーテル検査が出来なくなってしまうと言われ、
寝付きを良くするお薬が出ることになりました。

これでやっと眠れるかなと思って飲みましたけど、寝付きは変わんなかったな・・・
2時間くらい経って、やっとすぅーっと眠りに入りました。
久々に周りの音を気にせず、ぐっすり眠ることができました。

次はカテーテル検査…
痛みが少なく早く終わればいいなと願っていました。


続きます・・・



読んでいただきありがとうございます
訪問やコメントいただいた方、後ほどブログに遊びに行かせてくださいね
記事読んでポチポチして帰ります

にほんブログ村 病気ブログ 先天性心疾患へ
にほんブログ村
[ 2016/09/21 22:35 ] 入院生活・病気の備忘録 | トラックバック(-) | コメント(-)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。