2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06






気をつけましょう 

先月のことなのですが、怪我をされた方に偶然遭遇して
びっくりしたので書かせてください|ω・`)


夕方、しぇりとお散歩に出かけました。
もう陽は落ちて暗いし、強風で寒かったのですが、
お留守番を頑張ってくれたので、気晴らしにお外へ連れ出しました。

近所をお散歩して、帰ろうと家に向かっていると、
10mほど先にタクシーが止まっていて、
運転手さんが乗客が降りるのを手伝っているところでした。
すごく賑やかだったので、視線がいきました。

声の感じから高齢者の女性と男性で酔っ払っているようでした。
2人はアパートの方へ向かって行きました。

しぇりと私がそのアパートの斜め前まで進んだとき、
女性が叫ぶような声を発したので反射的に見ると、
2人がアパートの外階段を登っている途中で
後ろに倒れるように落ちてくるところでした。。。


階段のニ、三段目あたりから落ちたように見えましたが、
下がアスファルトだったので、落ちた時の音がバンとか、ドンとか、ドゴーンとか
いろいろな音が合体したような、
今まで聞いたことのないすごい音で恐怖でした。
もう私の心臓がバックバク

咄嗟に駆け寄って、大丈夫ですか!?と声をかけました。
女性の方は意識があり、「いたい」とか話せる状態。
男性の方は意識がなく、頭を打っている可能性もあったので、
すぐに救急車を呼びました。
たぶん女性が男性を支えながら登っていて、
支えきれずに落ちたような感じでした。

救急車が来るまで10分ほど待ったと思いますが
とても長い時間でした。
先に救急車が来て、続けて警察の車が何台もきました。
これは事件です…

階段から落ちたお二人は救急車に乗せられました。
待っている間に男性の意識も戻って、話せるようになっていました。
その場には他にも何名か人がいたのですが、
落ちる瞬間を見たのは私だけなので状況説明で
同じことを何度も聞かれました。

その日は気温1度位しかなくて風も強かったので
寒くて寒くて早く家に帰りたかったです(;д;)
しぇりくんを抱っこしているので、
腕もプルプル
結局1時間近く現場にいたかな…
警察の方にもうお帰りいただいて大丈夫ですよと言われ、
一緒にいたご近所の方と、長かったね…と言いながら帰った次第です。

事故はいつ起きるか、巻き込まれるか、目撃者になるかわかりませんね。
皆さんも十分にお気をつけくださいね。


家に帰ったあと、あまりに寒くてお布団かぶっていても
震えが止まらない。
katがお風呂を準備してくれたので、
温かい湯につかって、なんとか回復しました。
でもしばらくは、事故の映像と音を思い出して怖かったです。
救急車で運ばれた方、大丈夫だったんだろうか。


一緒に頑張ってくれたしぇりは、お外ではプルプル震えてましたが、
帰ってからはオヤツを食べてkatと遊んでました(笑)
いつも通りでよかった(´∀`*;)



読んでいただきありがとうございます
訪問いただいた方、後ほどブログに遊びに行かせてくださいね
記事読んでポチポチして帰ります

にほんブログ村 病気ブログ 先天性心疾患へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/05/02 21:52 ] chiiのこと | トラックバック(-) | コメント(-)