2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10






【備忘録】飼い主の入院生活 3回目の手術編(緊急部)20 

前回からだいぶ期間があいてしまいましたm(_ _)m



☆この記事は数年前に手術入院をした時に経験したことを書いております。
今とは病気に関して異なることがあるかもしれませんが、
興味のある方はご覧ください



Eさんの話をUさんと私で聞いていて、
盛り上がっていたところに
看護師さんからEさんにコールがきて
「ダンナさんからお電話が入ってますよ」と伝えました。

今さっきまですごくイキイキして話してたEさんは、
一瞬で表情が曇り少し考えてから、
病室を出ていきました。

Uさんが「大丈夫かしら・・・」とつぶやきました。

ほんと…話を聞いてしまったから心配。

20分位して、私はトイレへと向かいました。

その途中ナースステーションの前で
うなだれながら電話しているEさんを見ました

額に手をあてて、あきらかに何かに悩んでるのがわかります

私がトイレから戻ってくる時には、
電話で話しながら「もうやだ!やだ!やだ!」
と小さい声で言い泣いていました。

また何かひどいこと言われたのかな・・・。

それから少しして、戻ってきたEさん。

「私、明日退院することにした。」と。

chii「えっ!?体大丈夫なの?」

Eさん 「うん・・・だいぶよくなったから。」

Uさん 「また何か言われたの?」

Eさん 「いや・・子供もまだ小さいし、ダンナも大変みたいだから。さっき先生にもOKもらったから大丈夫」

そっか。子供さんもママがいないとさみしいもんね。

その日の夕方、精神科の先生がEさんに所に来て、
「退院してからも通えますか?」と聞いてました。
もしこの病院にEさんがまた来ることがあったら、偶然に会えるときがあるのかな。
(かかっている科が違うからか、退院してから一度もお会いしたことないんですよ)


次の日。
退院準備をするEさん。
ダンナさんと子供3人が迎えにきました。

ダンナさんは前と同じで、
ニコニコ「こんにちは」と挨拶をしながら部屋に入ってきました。

トリハダが…(´-ω-`)

子供達は、ぎゃ~ぎゃ~うるさい(笑)
上の子は中学生くらいかな?
Eさんのことを「ババア」と呼び・・
真ん中の子は「アンタ」と呼び・・
下の子は「ママ」と呼び、1番可愛かった

Eさんが何してるときでも、ず~っと付きまとう子供3人。
ダンナさんは椅子に座って、ポケ~としてる・・
挙句のはてに、「お前3日間も家空けてたんだから、帰ったら掃除洗濯にメシ作れよ。子供達はずっと冷凍のもの食べてたんだからな。」だって!!

そんな偉そうに言うなら、堂々と言えばいいのに、
まわりに聞こえないように小声で威張ってる!!(笑)
残念ながら、Eさんと私のベッドの間隔が近いから
聞きたくなくても聞こえちゃうんだな。

でも結局ダンナさんも、Eさんに頼ってるんだな~っていう感じが伝わってきた。
子供が4人だ・・・Eさんがんばれ~
そしてもう2度と同じことは繰り返しませんように。


私は退院前に、主治医と手術時期について話し合いをしました。



長々と読んでいただきありがとうございます
訪問いただいた方、後ほどブログに遊びに行かせてくださいね
記事読んでポチポチして帰ります



にほんブログ村 病気ブログ 先天性心疾患へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2017/07/25 19:15 ] 入院生活・病気の備忘録 | トラックバック(-) | コメント(-)